診療科のご紹介

消化器内科・消化器外科内視鏡検査による胃がん・大腸がんの早期発見 治療にも積極的に取り組みます

主な症状

逆流性食道炎/食道ポリープ/胃・十二指腸潰瘍/胃ポリープ/胃がん/慢性胃炎/大腸ポリープ/潰瘍性大腸炎/クローン病等

胃がん・大腸がんの早期発見のために専門病院での定期的な検査をお勧めします。
ご希望の方は医師にご相談下さい。

【下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)】楽で痛みの少ない大腸内視鏡検査

当院では経験を積んだ専門医がもっとも腸に負担のかからない先端フード装着無送気軸保持短縮法で検査を行います。

【上部内視鏡検査(胃内視鏡検査)】当院では経鼻・経口どちらの挿入法も実施可能です。

経鼻・経口どちらの挿入法もそれぞれ利点があり、当院ではどちらも実施出来る体制を整えております。

先端フード装着無送気軸保持短縮法とは

全国トップレベルの実績

当法人全体での内視鏡検査件数は年間45,000件を超えます。
そのうち当院では約15,000件(上部:約6,000件、下部:約9,000件)を実施しております(平成26年 年間実績)。
豊富な経験により精度の高い検査、治療を可能とし、がんやポリープの早期発見・治療に貢献します。

当法人の内視鏡実積(過去10年間)

当法人の内視鏡実積(過去10年間)
↑ページの先頭へ